「我慢」
「我慢」って言葉。

いい意味で使いますか?それとも悪い意味で使いますか?
文字だけ見ると「自分をおごり高ぶる」なんて、
あまり良いイメージではなさそう。

今でこそ「我慢強い」って、「辛抱強い」とか「忍耐強い」のように
どちらかと言うといい意味で捉えられますが、
「我慢」というのは元々仏教から生まれた言葉で

「実際には存在しない『我』が自己の中心にあると考え、
 それを根拠として行動する思い上がった心」

という解釈です。決していい意味では使われておりません。
「我慢強い」の意味にも

1.忍耐力がある。
2.我が強い。高慢である。

の2つの意味があります。
この2つって全く対極の意味のような気もしますが、、、

こんな話をしたのは自分が最近とことん我慢弱く(こんな言葉あるのか?)なったな~
と思えるのです。「我慢」=「ストレス」。我慢は体に良くないのでは?
という私の思想に基づく回避能力の一つ。と、老化によるもの。とにかく辛抱弱い。
すぐに弱音を吐いてしまう。それでバランス取ってるってトコもあるのですが・・・

私の(1の意味での)我慢強さのピークは旦那さんの事故後頃かなって思います。
今思うととにかく強烈に自分の心とは裏腹に気を張って過ごしてました。
泣きたくても泣かない、疑問に思っても全て肯定的に受け止める、
そういう意味では仏教用語の「我慢」に通ずるものがあったのかな。
今までの感性の自分とは全く違う自分を作り上げて
そいつを中心に日々の生活を振り回していたのかな。

最近、ICUに通っていた頃車で流してた曲を再び聴いてみて
自分ってとことん逆境に強いんだけど、反面、平凡に弱いんだな~と
改めて思い知ることができました。

ストレスを溜めないようにしよう
不安は一つでも解消しよう
考えても仕方のないことを考えるのはやめよう
思い出しても前向きになれないことは忘れよう

こんな風に自分ではポジと思ってやってきたことも
今の自分には最善策ではなかったのかもしれないと思えてきました。

適度なストレスは自分の向上心の材料になっているのかな。
自分自身何ら不安があるくらいの方がバランスが取れているみたい。
不安定なくらいがちょうどいい。失敗は改善に繋がる。
時に過去を振り返って思い出に浸るのもいいじゃない。

季節柄、最近どうも感傷的f(^^;

秋もたけなわ。
「変わりやすい 女心と秋の空」哉。
[PR]
by noah_s_ark | 2006-09-19 21:14 |
<< 天素的御子息 天使の寝顔 >>