言葉の持つ魔力
キャベツが大量に捨てられてますね~

「あ~、もったいない!」

って私は自他(私母?)共に認めるケチでがめつい人間だと思うのですが
「もったいない」って英語でなんて言うんだろう?
日本語だけの表現なのかな?
この「もったいない」は必要とあらば使おうと思うのですが

「だって」とか「でも」とかの言い訳言葉。
言い訳しても何も状況は変わらない。
なのでこれは使わないように努めたいと思います。

「もし」って言葉。
私「もし」ってあまり使わないのですが
「もし使っていたとしたら」これも使わないよう努めます。

何かここまで書いて何が言いたいのか整理できておりませんが
「考え方」「発する言葉」
これを今までとは少し変えていこうと思いました。

「○○したい」って言ってたことは
「○○する」に変換してやろうと思います。

日頃の発言でも
「○○しようと思います」は
「○○します」に変換したいと思います。

願望で止めるのではなく実行に移そう。
言葉にすることで自分自身その核となる部分へ一歩近づこう、と

こういったことを趣旨とした自己啓発、自己改革計画です。
(最後に(笑)と付けたかったのですがそれも思い止めてみた)

今やりたいこと、願望、実際手に入れてないこと
それらのことを思い返してみて
全ての語尾を「○○する」に「変換」、、、こりゃエライこっちゃ。

ま、自分のことなんで
思うは自由?言うは自由?ってところでしょうか(^^;
[PR]
by noah_s_ark | 2006-12-05 21:01 |
<< 娘の不満 娘の里帰り >>