文庫デビュー
元々読書や活字があまり好きじゃなかったのですが
最近になってようやく月刊雑誌(というのか?)
くらいには興味が持てるようになりました。
新聞も少しずつ見るようにしております。

ですが、

現実主義なばかりに
虚構といった世界がどうしても受け入れられずにいたのですが
最近ちょっと小説が読めるようになりました。
自分的にはちょっぴり嬉しいことです。
といっても難しい本は読めませんが。。。

今日は娘をおもちゃ屋さんで遊ばせている間に読む本はないかと
文庫をちらちらと立ち読みしておりまして、
タイトルがどうも気になって手にしちゃったのが

「僕は妹に恋をする」

娘もさっさとおもちゃ屋方面に行ってしまったので
何度もこの読みかけの本を置いては別の本を探そうとしたのですが
途中まで読みかけてしまうとついその先が気になってしまって、、、

う”~!気持ち悪いよ~

結局娘を遊ばせている間に読もうと思って買ってしまった。

コミックや映画化もされているようで
どう考えたって2児の母(オバちゃん)が読む小説ではなさそうです。
娘が遊んでいる間に一気に読んでしまった(すっきりしました)
主人公が中学生くらい(だと思う)なので、同じくらいの年の子には
受けるんじゃないかな~と思いました。

が、私は買う時ちょっぴり躊躇って
(表紙のサブカバーにジャニーズの子が載ってたから)
もう1冊何とか探そうと思い、手にしたのが
少し前に映画化された「博士の愛した数式」です。
映画は見れなかったのですがすごく見たいな~と思っておりました。
まず小説を読んで、その後映画の方もみたいな~と思います。

わりと自分は数字が好きな方(なんだと思う)なので興味が持てたのと
記憶が続かないというところが旦那さんのことと少しダブって思わず買っちゃいました。

明日から少しずつ読んでいこうと思います。

ベストセラー本ってみんなが立ち読みしていくから少し傷になってたりしますね。
最近ネットで何でも買うよ~って話を会社の子としてて、
そういう手もありだよな~と少し思いました。
来るまでが待ち遠しくなっちゃいそうですが。。。
[PR]
by noah_s_ark | 2007-02-18 21:31 |
<< お友だちのいいところ 本命チョコ♪ >>