カテゴリ:娘( 17 )
凧あげ大会
今日は娘の凧あげ大会でした。
年中さんと年長さんは竹ひごを使った上に飛ぶ凧だったのですが
年少さんはスーパー袋の持ち手の所に紐を結んだだけの横に飛ぶ凧でした。
すぐに完成してしばらく園庭を走り回っていたのですが
凧は飼い犬のように真横に引きずられておりました。
しばらく凧で遊んだ後はウサギ小屋に行ってウサギに餌をやっておりました。
その後ブランコやすべり台で遊び、お帰りの時間が近付いたので先生が
「きょうしつにいくよ~」
と声をかけたのですが、娘はブランコに乗ったまま動かず。
先生の話によると、このまま教室に戻ると給食になり
お母さんが帰っちゃうから教室には戻らないと言っていたそうです。
私が娘のところに行き
「今日は給食なしだからお母さんと帰るんだよ」
と説得してもしばらく膨れっ面をしたまま。
何とか抱きかかえてみんなのいる教室に戻り
お歌や手遊びをしていたのですが
その間も私の体にしがみついたまま離れませんでした。

今日はいつになくハイテンションだった娘。
息子は授業参観に私が行こうがバーちゃんが行こうが誰も来なかろうが
なんら気にする気配もないのですが、
娘はよーく見てくれているようです(若干ひがみ根性あり)
娘の行事関係は極力参加したいと思っている次第であります。
[PR]
by noah_s_ark | 2007-01-20 21:11 |
レーシック願望
前々から気になっていたレーシック。
ただ自分の周りに体験者がいないがために
回復具合がどうなのかとかその後困ったことは起こらないのかとか
いろんな疑問が浮上したままだったのですが、、、

今日目にゴミが入ったので鏡を覗いていると横のお方が
「NOAさんはコンタクト?オレみたいにレーシックしちゃえばいいのに。。。」
え?今ナンテ言った?まさかまさか。。。

こんな身近に被験者がいるなんて。ホントびっくり!

横のお方は韓国でやってきたそうです。
ツアーで行けば料金も大したことないし
術後1年間は何度でも無料で調整手術してくれるそうで(もちろん旅費はかかるけど)
彼も一度手術して左右のバランスが悪くてまた行ってきたそうですが
その後全く問題ないそうで話だけ聞いていると
どんどんとレーシックに引き込まれていくのですが
よく聞く手術中の話、メスとか見えるので怖くないのか?という質問に

「ぜ~んぜん。角膜溶かす時にこげた焼肉の匂いがして、腹へってきちゃったよ~」

「・・・」

聞く相手を間違えていたようで。。。
なんて強靭な心臓の持ち主なんだと思うと同時にまたまた彼を尊敬してしまいました。
私には無理だな~。風船一つも触れないような弱っちー心臓だもんな~

でも15分後には0.03が1.0になってるっていうから
何とも魅力的な話ではないですか。
ただ視力が回復した途端に老眼の進行が早まったとおっしゃってました
(老眼はどんな手術でも治らないらしい)

どうなの、この話。

あまり気にしているわけではないのですが
本厄の年にやることもないかな~と思いつつも
丸一日PC見続けの仕事で疲労感たっぷりの目が悲鳴を上げている今日この頃。

みんなでこのレーシック話を聞いていたのですが
どうも私が第2のモニターとしてやって来いと任命されてしまった(^^;
もう少し心臓鍛えてから考えようと思います。
[PR]
by noah_s_ark | 2007-01-12 21:29 |
ねずみちゃん
毎週レンタル屋に寄った帰りに
横の本屋で立ち読みをするのですが
今日は絵本コーナーのあたりをちらちらと見ていて
ふと目に留まったのが「飛び出す絵本」
コレ、私自身子供の頃大好きで、自分で作ったりもしましたが
なかなか上手く飛び出してくれなかったり
足場が弱くてちぎれちゃったりして。。。
本はわりと高価なもので買ってと言い出せなかった気がするな~

今日私が目にしたものは
あかね・ポップアップえほんシリーズで
全部買いたいと思ったのですが
とりあえずお年玉として(誕プレも不評だったので)1冊を娘に買いました。
このシリーズをプレゼントにすればよかったかな~、、、

今日買ったのは「ねずみちゃん」というお話です。
ねずみちゃんがサーフィンしたり、おっきなケーキが飛び出してきたり、
全ページ楽しいしかけでいっぱいです。
昔と違って紙もとっても丈夫にできていて
ケーキなんてとーってもゴージャスにできております。

早速娘に「プレゼントだよ~♪」と渡してみましたが。。。
まー、そう大して反応はありませんでした(^^;
私、子供の欲しがっているものを自分なりにイメージして与えているつもりなのですが
息子は毎回、十分元が取れるくらいゲームにしてもはまりまくってくれるし、
本にしてもボロボロになるくらいまで読み続けてくれるのですが
こと娘に関しては的外れなのかな~
単におんなのこは飽きっぽいってだけなのかな?
私もきっとこんな感じだろうから人のこと言えないけど(^^;
興味の対象が「もの」ではなくて「人」なんですよね。
「ゲームがやりたい」のではなく
兄が好きで兄がやってる「ゲームがやりたい」といった感じです。
こういうものなのでしょうか?
それはそれでおもしろいなって思います。

ま、この飛び出す絵本はしばらく私の「癒し」になりそうです(^^)
[PR]
by noah_s_ark | 2007-01-10 21:15 |
いちごちゃんといっしょ♪
今日はイオンの初売りに行ってきました。
別に私がお年玉をもらったわけではないのですが
カバンや服、CD、何となく勢いでいろいろ買ってしまいました。

自分だけではいけないと思い
娘にもお年玉で何か可愛らしいものをを買ってやろうと思い店に入りました。
娘はうさぎさんのぬいぐるみを気に入ったようなので

「よし、じゃーこれからはこの子と寝るんだよ~」

と言いつつレジに持っていくと店員さんがマジシャンのように

「このうさぎさん、可愛いお洋服があるんですよ~。すっごく可愛いの~」

と横にかけてあった赤いお洋服を着させてくれました。
確かに裸の白うさぎちゃんよりもずっと可愛いらしい。
けどその瞬間、私も横にいた母も思ったことは同じだと思う(^^;
私は思っただけでいたのですが母が横から

「ちなみにそのお洋服はいくらですか?」

あー、聞いちゃったか~。。。ま、普通聞くわね。
店員さんが急いで電卓をたたきながら

「えーっと、うさぎさんは3割引で、、、お洋服と足して1,642円です」

何でお洋服だけの値段を言わないのかわかりませんが結局セットで買ってしまった。
ってか、店出た瞬間

「ガワのが高いんかい!」

と思わず突っ込んでしまった(^^)
でも可愛いからいいの♪

家に帰ってからも娘はギュッと抱いていました。
女の子がぬいぐるみを抱く姿って愛らしいですね。

そういえば誕生日に買った手探りゲームは
一度も本来の遊び方をされることなく踏み台として使われていて
もう既にへこんでます。かなしい。
やっぱ女の子はぬいぐるみが好きなのかな~
ずっと可愛がってくれるといいけど。。。

娘に「このうさぎちゃんに名前をつけてあげて」と言うと

「いちごちゃん♪」

と言ったのでいちごちゃんに決まりました。
可愛いお洋服が苺柄だからだそうです。

ぬいぐるみをひざに置いて必死でゲームをしている娘に

「いちごちゃんが 『ゲームばっかしてないで一緒に遊んで~』 って言ってるよ~」

と促すとひざに座っていたいちごちゃんを自分の胸にぺたんと寝そべらせて
引き続きゲームに熱中しておりました。あは。

ま、何でもかんでも壊れたら買えばいいとかじゃなくて
こうして何かを大切にしようと思う気持ちを養ってもらえればいいな~って思います。
[PR]
by noah_s_ark | 2007-01-05 22:29 |
Happy Birthday for my daughter!!
今日は娘の4回目の誕生日でした~♪

d0089586_21171065.jpg


毎度同じところのケーキとプレゼントを用意して
バースデーソングをみんなで歌ってろうそく吹き消して。。。

まだ年始なのですが、
息子の誕生日からクリスマス、そして
この娘の誕生日を終えるとなんか今年のイベント全部こなした~って気がします。
もうプレゼントとか何も考えなくていいんだ~って思うとホッとします。

今年のプレゼントはたまごっちを考えていたのですが
「(液晶系の)ゲームはやめろ」という母のお達しがあったので
「さわってポケモンゲットだぜ!ゲーム」という
ぜったいに娘が興味持たなさそうなものを買っちゃいました。
コレ、昔私と兄と従姉妹でおばあちゃんの家に遊びに行った時に
おじいちゃんの部屋にコレと似た4箇所から手を入れて中のものを探り出す
っていう単純明快なおもちゃがあって4人で大盛り上がりしたよな~
って、ただただ懐かしくなってついつい買ってしまった。

だって、だって、これでもいろいろ悩んだのよ。
ゲーム関係以外でコレといって喜びそうなものもないんだもんな~
本当は女の子らしくぬいぐるみとかがいいかな~とか思ったのですが
飽きっぽい娘のことなのでいつかぬいぐるみが振り向きもされなくなることは目に見えてるし
それなら息子と一緒に遊べるものがいいかな~と思い決めたのですが。。。

夕方家に帰ってみると一足先に母が
「ぴたりんちゅ!とっとこ占いハウス」ってのと「ハムハムぴたりんちゅ!」
とかいう液晶ゲームみたいなのがセットになった福袋を
格安で買ってきて買い与えていました。

ガビーン。

めっちゃ楽しそう。
こんな手探りゲームなんて見向きもしないだろうな~。ま、いいけど。

ハム太郎の人形を使って何やら自分でストーリーを作って遊んでいました。
何だか娘がピコピコとゲームをする姿を見ないだけでもホッとします。
兄妹で仲良く遊んでいる姿を見ると嬉しく思います。

娘ももう4歳になるのね。早いよな~。
とりあえずこの4年間、多少のひねくれ行動はあったものの
特にグレることもなく真っ直ぐに育ってくれました。ありがとう。
こうして毎年平凡に家族の誕生日を祝ったりできることが幸せに感じます。

娘ちゃん、4歳のお誕生日おめでとう♪
これからも今まで通り、素直で明るく優しい子でいてくださいね。
[PR]
by noah_s_ark | 2007-01-03 21:18 |
娘の初恋?
今日近くのスーパーに買い物に行った時のこと。
私の横にいた娘が急に

「あっ、○○くん」

と言って娘よりチョット大きい男の子の前に行き、
一生懸命その子の視界に入ろうと前をウロウロしていて、
男の子がシレーっと行っちゃうと

「あ~、○○くん、いっちゃった~」

と少し残念そうにしていました。
親の私としては純情な乙女心をどうしても応援してやりたくて
その後も引き続き○○くんを捜索し娘に教えてやりました。
(ちょっとヤバいストーカ親子みたい)

「あそこにいるよ」

と教えてやるとキラッと嬉しそうな顔になって
ベンチで一人DSしてる○○くんの横にちょこんと座って
何を話すでもなくニコニコと横で微笑んでおりました。
それできっと満足だったんでしょうね~

娘に「帰るよ~」と声をかけると、私のところに寄ってきたので
「バイバイしないの?」と聞くと

「ばいば~い♪」

と嬉しそうに言ってました。
で、○○くんの方は、、、
娘が横にいる間も結構迷惑そうにしていたのですが
最後にゲームをしている手を止め、小さく下の方で手を振ってくれました。
なんだか淡い青春って感じで親の私が照れくさくなってしまったf(^^;

この男の子、同じ幼稚園の年長さんらしく
たまに娘の会話に登場していました。
ああいう子が好みなのね。

ってか、意外と面食いなのね(笑)
[PR]
by noah_s_ark | 2006-12-18 21:50 |
きのこもち
今日娘は園で餅つきをやったようです。
朝、起き抜けに
「今日はおもちつきペッタンやるよ~。がんばってね~」
と一声かけていきました。

帰宅後、娘に
「おもちつき、どうだった~?たのしかった~?」と問うと、ウンとうなずき
「どんなおもちたべたの?」と問うと

娘「のり と きのこ」
私「え!キノコ?ほんとにキノコ?」
娘「うん。ほんとにキノコ」

しば~らくしてからボソッと娘
「きなこだったかも」
とつぶやいておりました。

全然話は変わるのですが
娘がおそらく園で習ってきたのであろう「きのこのうた」というのがありまして

歌詞は

「♪ き き きのこ き き きのこ
   のこのこのこのこ あるいたりしない
   き き きのこ き き きのこ
   のこのこのこのこ あるいたりしない
   あめがふるときに せいがのびるんだ
   るーるるる いきてる いきてる
   きのこは いきている 」

娘ががなって歌うのでメロディーがわからないし
原曲があるとしたら、それとは若干歌詞の違いがあるとは思いますが
私はこの娘の歌う「きのこのうた」が大好きです。
初めて聞いた時になんて躍動感のある歌だと思いました。
とても生命力がみなぎっているように私は思う。

あまり日の目を見ないきのこ君。
そういえばウチの庭に生えているナメコみたいなキノコも
雨の日のたびにぐんぐん大きくなっているな~と思い出しました。

一度原曲を聴いてみたい気持ち半分、
このまま娘作詞作曲状態のままってのもいいかな~
[PR]
by noah_s_ark | 2006-12-14 21:04 |
娘の不満
今日は早く帰ってきたので娘を抱きかかえながらゆっくりとご飯を食べていました。
しばらく経ってポロリと娘が不満を漏らしました。

娘の言ったことをまとめると

「どうしてウチはみんなが降園する時間に
 みんなのお母さんと同じように迎えにこないのか?」

こんなようなことです。
何の躊躇いもなく延長保育に行ってくれていたのですが
少しずつおかしいなと思えてきたのでしょう。
お父さんがいないことも、、、
おかしいなと思いながらも何とか自分の中で
「これが正なんだ」と認めようとする発言がちらほらと垣間見られます。
3歳なりの精一杯の振る舞いだと思います。

「三つ子の魂百まで」

娘を見ていると本当に自分の幼少時代を見ているようです。
おそらくこんなんだったんだと思います。
そして私以上に我慢強い性格の持ち主になることでしょう。

私は今日のような場面ですぐに
「娘が不憫でならない」とメソメソしてしまうのですが
こういう自分も改めていこうと思います。

親の私が自信を持った行動を取らないで
子供がこれを正と思えるわけがない。
今ここにいるこの子供達の「親らしい」行動を
自信を持って取っていこうと思いました。。。
[PR]
by noah_s_ark | 2006-12-06 21:21 |
娘の里帰り
今日は娘は代休でした。
母親が自分の買い物や用事(歯医者)に連れていってくれたようです。
この母の通う歯医者さんの若先生の方が
娘と同じくらいの年の子供がいるようで
連れて行くと大層可愛がってくれるらしい。
子供がよそで可愛がられていると聞くと親は嬉しいものですね。
娘と息子はやっぱり違うな~と思います。
女の子は本当におべっかが上手。
きっと上手いこと言ってるんだろうな~
逆に息子は何でそこでそんなこと言っちゃうのってくらいに
ものすごく不器用に生きてる。
またそこが魅力でもあるのですが・・・

お昼頃、昨年まで通っていた託児所に遊びにいったそうです。
先生方、大歓迎してくださって
「時折パタちゃんの話してたんですよ~」
「こんな時パタちゃんがいたら手伝ってくれるんだろうな~って」
なんて言ってくれたようです。
昨年よりもさらにおしゃべりになってるでしょ?
また、遊びに行かせてください。
自分が通っていたところ、懐かしい人に会うのって
普段とはまた違った感情が生まれます。
私もたまに学生時代の子と遊んだりすると
一気にその時過ごした時間が蘇ってきますものね。

自分が出会った人、お友達、大切にしたいです。
[PR]
by noah_s_ark | 2006-12-04 21:30 |
生活発表会
今日は娘の生活発表会でした。
題目は「おおきなかぶ」
娘の役どころは主役の「かぶ」
かぶにもセリフがあるんです(笑)

ストーリーはかぶさんがいろんなお友達に引っ張られるというお話。
(原作のおおきなかぶと同じですね)

舞台右側にかぶ役の子達。
ロープにあんまり大きくないかぶの絵が張ってあって
ロープが真ん中で何本かに別れていて
まずネコさんが引っ張って、でも抜けない。
ネコさんがウサギさんを呼んで引っ張ったけどまだ抜けない。
次に男性陣、カブトムシさん、クワガタさん、
最後にテントウムシさんが出てきてやっと抜けました。っていうお話。

男性陣は祖父母発表の時もボイコットがあったらしいけど
本日もプチボイコットって感じでしたが
今日は今までで一番の出来だったそうです(担任の先生談)
娘はかぶなので発表の最初から最後までずっと出ておりました。

最初に「わたしはおおきなかぶです」というセリフがありました。
言ってるような言ってないようなでしたが
わりとまともに歌ったり踊ったりしておりました。
運動会(単独ボイコット)のこともあったので少し心配でしたが
上出来も上出来です。よくがんばりました。

今日思ったことは3歳児の担任は大変だということ。
なんてまとまりがないんだと思いました。
毎日この子たちを取りまとめている先生ってすごいって思いました。

先生、いつもありがとうございます。

そして今日も子供のお母さんたちと喋っていろんなことを学びました。
人生って嬉しいことも悲しいことも
自分が気付かなかったことを気付かせてくれる。
人生において降りかかってくる困難や苦しみ、悲しみも
決して乗り越えられないことはないのだと思う。
逆に言うと自分の人生に起こる全ての出来事は
自分が乗り越えなければならない壁なのだと思う。
人生において無意味ということは一つもない。
あー、何だか哲学チックになってきた。もうやめます。

子供の大切さ、家族のありがたみ、周囲の方の優しさ、
自分が健康で普通に働けることに感謝しなければならないなと思いました。

やはり毎日が感謝ってとこに行き着いちゃうな~・・・
[PR]
by noah_s_ark | 2006-12-02 21:51 |